単語17

記事(きじ)を書くことは、記者の仕事の一つです。
仕事の都合(つごう)で、出張(しゅっちょう)を見合わせた。
中国市場(ちゅうごくしじょう)に進出(しんしゅつ)する。
魚が新鮮(しんせん)で美味しかったです。
この論文は引用が多くて、独創(どくそう)的なところが少ない。
テレべの普及(ふきゅう)率は80パーセントに達する(達する)。
著者(ちょしゃ)はこの本を書き上げるのに、多くの書籍(しょせき)や雑誌(ざっし)を参考にした。
被害(ひがい)の拡大(かくだい)を防(ふせ)いだ。
血液(けつえき)の循環(じゅんかん)をよくする。
彼は古新聞紙(しんぶんし)を束(たば)にして積み上げた。

単語16

昼休みを除い(のぞい)て、正味(しょうみ)八時間が働く。
〜正味:净重,实际上,批发价,本质上
この携帯は最新型(さいしんがた)て、機能もいろいろついてるね。
あのドレスを着ると、おかしな格好(かっこう)を見える。
いよういよここまで来ました。後は全力を持って、勝ちぬくのみだ。
上着(うわぎ)の寸法(すんぽう)をはかる。
裏口(うらぐち)から出る。
植物は根から養分を吸収(きゅうしゅう)する。
政界(せいかい)から引退(いんたい)する。
余計(よけい)なものが多くて困る。
これで、彼女(かのじょ)と知り合いになりました。

単語15

この山には特別な魅力(みりょく)があり、大勢の登山(とざん)客を引きつけた。
いくら考えでも、その男が誰だか見当(けんとう)がつかない。
富士山の頂上(ちょうじょう)は一年中雪が絶えない(たえない)。
その植物(しょくぶつ)が熱帯(ねったい)地に育つ(そだつ)。
万事(ばんじ)順調(じゅんちょう)に運んでいる(はこん)。
空っぽ(からっぽ)の箱(はこ)。
純情(じゅんじょう)の少女(しょうじょ)。
駅は大変混雑している。
あのパン屋のパンはとても人気があるため、営業(えいぎょう)の時、店の外にはいつも長い行列ができてる。
他人の言葉に左右されやすい。

単語14

前の車を間隔(かんかく)を充分(じゅうぶん)にとって、運転する。
以下の締め切り日までに、原稿(げんこう)を提出(ていしゅつ)してください。
冬になって、自然は長い睡眠(すいみん)に入ります。
素人(しろうと→玄人くろうと)でも分かる言葉で説明してくれて、よく分かった。
新幹線はすごい勢い(いきおい)で走っている。
奇数(きすう)は2で割り切れないで整数(せいすう)です。
慌てて他人のものを自分のものと勘違い(かんちがい)した。
皺(しわ)を伸ばす(のばす)
国交(こっこう)回復(かいふく)をきっかけに、両国(りょうこく)の交流(こうりゅう)が盛ん(さかん)になりました。
消費(しょうひ)物資(ぶっし)に対する需要(じゅよう)が増加(ぞうか)した。

単語13

この点に焦点(しょうてん)をしぼって論じよ。
医者の言うことに合わせて、献立(こんだて)を作る。
くしゃみが止まらない。
前向きの姿勢(しせい)で処理(しょり)しよう。
今日の仕事はこれでお仕舞い(しまい)です。
一昨日(いっさくじつ)彼に会った。
戦前は、小作(おざく)制度や飢饉(ききん)が農家を痛め(いため)つけた。
感激(かんげき)して涙(なみだ)を流す(ながす)。
わざわざお越しいただきまして恐縮(きょうしゅく)に存じます。
この辺りの交通量が多いですから、よく渋滞しています。

単語12

非難(ひなん)される覚悟(かくご)がある。
お昼のおかずは魚(さかな)と漬物(つけもの)です。
気味(きみ)の悪いことを聞いて飯がまずくなった。
事務室(じむしつ)に紙屑(かみくず)を捨てないください。
会社への往復(おうふく)は電車だ。
君は今すぐ買いに行かねばなりません。ぐずぐずすると売り切れになるから。
4月以降の生産(せいさん)計画(けいかく)を立てる。
給食(きょうしょく)とは食事(しょくじ)を供給(きょうきゅう)ことである。
書斎(しょさい)にとじこもって本を書く。
線路工夫(せんろこうふ)→ 工人

単語11

事件の粗筋(あらすじ)を説明する。
学校(がっこう)には行けないが、いつも家事(かじ)の隙間(すきま)をみて勉強する。
若い(わかい)時は華々しい(はなばなしい)活躍(かつやく)したが、最近は目立たない。
玄人(くろうと)に負けない喉。
お洒落(おしゃれ)は我慢(がまん)です。
人間の能力(のうりょく)には限界(げんかい)がある。
これらの症状(しょうじょう)から医者は結核(けっかく)と診断した。
台所(だいどころ)で炊事(すいじ)をする。
その試合は勝負(しょうぶ)なしに終わった。
いい生地(きじ)を買って、私が浴衣(ゆかた)を作りますよう。

単語10

国は東電の処分(しょぶん)を検討するの必要がある。
彼女は父を看病(かんびょう)しました。
垣根(かきね)のところに花が咲いている。
公共のものを大切にする。
誰が水道の蛇口(じゃぐち)を開けたままにしておいたのか。
これらの作品はみな傑作だ。
この文章のこの箇所(かしょ)は参考になる。
両者の間に一致(いっち)点を見出すのは困難(こんなん)だ。
この地方はそろそろな作物(さくもつ)ができる。
実物(じつぶつ)そっくりの模型(もけい)。

なければならない

単語:
急用(きゅうよう)ができました。
用事
急用では仕方がありませんね。
御気を付けていってらしゃい。
長い行列(ぎょうれつ)ができている。

人気が高い番組に参加する。
あの活動(かつどう)は、全員で参加しなければならない。

ないで:保持前项的状态不变,否定状态
状态只能用て来表示

て〜は〜:评价性结果
→ いけません、まずい、困る、無理だ、だめだ
例えば:
一人で戦ってはだめだ。
新人では無理だ。

て〜も〜:结果不变
あなたが言わなくてもわかります。你不说,我也明白。
〜が:强调作用,小主语
如果变成”は”,则会变成大主语,为:即便我不说,你也明白。

も〜ないで:该做的不做
勉強もしないで、毎日ゲームをやっている。

なくて:ない的中顿形(否定中顿)

なければ なりません
告知对方必要条件的语法。反向激励的语法。
なりません:心理希望的不会成功,不成。
なければ:只要不怎么样、ない的ば形
ば形:条件假定形

口语形式:なきゃ
明日じゃだめだ、今やらなきゃ。
明日早く起きなければ。

例えば:
頑張らなければなりません。只要努力,就会成功。
頑張れば 何とか、なります。船到桥头自然直。
我々は、もっと優秀にならなければなりません。

通路(つうろ)を片づけなければならない。
私は片づけなければならない通路を忘れました。
我把我必须收拾的通道给忘了。

私は部長に報告しなければならない件を忘れました。
私は田中さんが昨日行った会社を調べなければならない。
先生は王さんが昨日提出した(ていしゅつ)レポートを読みました。
田中さんは明日部長に報告しなければならないことをノートに聞きました。

ここに住むには、家賃を払わなければならない。
日本で買い物する時、消費税(しょうひぜい)を払わなければならない。

単語9

ご出身(しゅっしん)は東京ですか。
この取り引きは、勘定に合わない。
病後(びょうご)はときどき散歩に出かけて、血液(けつえき)の循環(じゅんかん)を促進(そくしん)しなければならない。
もう8年も使っているパソコンで、今年に入ってから調子(ちょうし)が悪く、そろそろ寿命(じゅみょう)かな。
あの子は行儀(ぎょうぎ)がいい。
環境(かんきょう)に支配される。
彼は注意されて機嫌(きげん)を悪くした。
精神(せいしん)に異常(いじょう)をきたす。→ 精神失常。
手紙が宛名(あてな)不明(ふめい)で戻(もど)ってくる。
彼の言うことは逆さまだ。