日本民间故事:来自草叶影子下的问候

むかしむかし、あるところに、とてもなまけ者(しゃ)の男(おとこ)がいました。

男は近所(きんじょ)の大旦那(おおだんな)の家で働いていましたが、少しでも金が入るとすぐ遊んでしまうので、いつもお金がありません。

大旦那: 老太爷。(雇い人などが主人の父親を呼ぶ敬称。親だんな。)

ですからすぐに大旦那のところ行っては、「旦那さま。必ず(かならず)お返し(かえし)ますから、お金を貸してください」と、お金を借りて来るのです。

ですが借りたお金は、まだ一度も返した事はありません。

さて、もうすぐお正月(しょうがつ)だというのに、男の家には食べるお米(おこめ)がなくなってしまいました。(困ったな。さすがの大旦那も、これ以上は貸してくれそうにないしな。何かよい言い訳でもあれば別だが)

頭をかかえ込んで考えた男は、ある名案を思いつきました。「そうだ!これならうまくいくぞ!」

名案(めいあん):好主意。妙计。

そしてその名案をおかみさんに話すと、さっそく(早速)おかみさんを大旦那の家に行かせました。

おかみさん :主妇。女主人。妻子。夫人

おかみさんは大旦那の家にやって来ると、いかにも悲し(かなし)そうな顔で大旦那に言いました。「大旦那さま。実は昨日、うちの主人(しゅじん)が死にました。家には今日食べるお米もありません。どうか、お米を一俵(いっぴょう)、貸してください」

いかにも:实在,真(的)。(ほんとうに。)

それを聞いた大旦那は、ぴっくりです。「何と!あれほど元気だったのに、人間(にんげん)の運命(うんめい)とは分からぬものだな。よしよし、何も心配はいらないよ。お前の家には貸しがいっぱいあるけれど、米の一俵ぐらい。いや、そこに米が三俵あるから、全部持っていくがよい」

大旦那はおかみさんに同情(どうじょう)して、三俵のお米の他(ほか)に、大金まで貸してくれました。

さて、三俵のお米と大金を手に入れた男は大喜びで、しばらくは何不自由(ふじゆう)なく暮らしていました。

大喜び(おおよろこび):非常欢喜。(非常に喜ぶこと。)

しばらく:暂时,不久,动作或状态的短暂持续。

でも少しも働かないので、そのうちにお金もお米もなくなってしまいました。

そこでまた働きに行こうと、大旦那の家の前まで行ったのですが、「待てよ。このまま大旦那のい家にいっては、死んだと言ったうそがばれてしまうぞ。しかし、働かないと本当に飢え(うえ)死にしてしまうし」

男がどうしようかと、大旦那の家の前でウロウロ(うろうろ)していると、大旦那が突然(とつぜん)家から出てきました。

うろうろ: 心神不安;急得团团转;徘徊;无目标地走来走去。

(しまった、見つかったか)男は大あわてで、近くの草(くさ)むらの中へ隠れ(かくれ)ました。

しかし、男の姿(すがた)をはっきりと見た大旦那は、ため息(いき)をつきながら隠れている男に言いました。「おいおい、よりにもよって死んだなんて、うそをつくにもほどがあるぞ。さあ、出て来い」

「・・・・・・」

男が出て来ないので、大旦那は草むらのそばにやって来ました。

すると男は、大旦那に手を合わせて言いました。「いえ、うそなんかついていません。こうして、草葉(くさば)のかげ(影)からおかんでおります」

ちなみに草葉のかげからというのは、なくなった人の事をいう時に使う言葉(ことば)です。

ちなみに:顺便,附带。

发表评论