僕から奇跡でできている

僕から奇跡でできている

(家)

相河:おじいちゃん、お腹(なか)すいた。

相河:出来(でき)だの?

おじいちゃん:ああ

相河:きれい、これ、もうだめ?

おじいちゃん:どうしたら、この器(うつわ)が輝く(かがやく)と思う?

相河:おはよう、ジョージ。

ピリ辛きゅうり入れてくれました?

山田:んっ、そういえば 歯医者 どうしました?

相河:もう痛くないので。

山田:また痛くなるんじゃないですか?

相河:大丈夫です。

山田:一輝(かずき)さんは先送りが得意ですもんね。

相河:大丈夫だって 言ってるじゃないですか。

ピリ辛きゅうり まだありますか?

山田:それで全部です。

相河:食べたかったですか?

山田:はい。

相河:また作ればいいですよ。

山田:はい 作るのは私ですけどね。

相河:何してるんですか?

山田:いえ

相河:いってきます。

山田:はい、いってらしゃい。

相河:山田さん、僕の部屋 勝手(かって)に入らないでくださいね。

山田:でも ごめ そろそろ たまってるんじゃないですか?

相河:たまってません。たまってたら出しますから。

(都市文化大学-教室)

相河:様々な生物たちが 長い年月(ねんげつ)をかけて 進化していきました。
生き残れるかどうかは戦い(たたかい)の勝ち負け(かちまけ)で決まると思いますか?
例えば 氷期(ひょうき)には絶滅(ぜつめつ)した生き物たちがいます。
でも このジャイアントパンダは氷期を生き抜き 現在も存在しています。
しかも ジャイアントパンダは繁殖(はんしょく)能力が低い(ひくい)のに 生き残っているんです。
不思議ですよね。
クマ科のジャイアントパンダはもともと肉食(にくしょく)でした。
でも 他の動物たちと 餌(えさ)を取り合っても負けるので 高地に移動し たまたま そこに生え(はえる)ている 竹を食べることにしました。
この竹っていうのが 氷期が来ても枯(か)れなかったんです。
だから 餌がなくなることは ありませんでした。
でも もともと肉食だった ジャイアントパンダの腸(ちょう)は 竹をうまく消化できず 十分な栄養もとれないので あまり動かないようにしました。
そんなことをしていたら 他のどう猛(もう)な肉食動物に襲われ(おそわれ)てしまうところですが 高地には そもそも生き物が少なく 襲われることはありませんでした。
つまり 戦いに勝った者が生き残ったわけではないのです。パンダが生き残れたのは 自分の弱さ(よわさ)を受け入れ 高地に逃げたことに始まり 今までだったら 絶対に食べることのなかった…

(都市文化大学ー研究室)

事務長:また遅刻しましたよね?
相河:そうでしたっけ?
事務長:5分でも遅刻は遅刻です。授業は時間通りに 始めてもらわないと困ります。
相河:誰が困るんですか?
事務長:学生(がくせい)たちに示しがつかない といっているんです。出席だって ちゃんと取ってください。
学生たちが うわさしています。
相河先生の授業は出席を取らないから、出なくても大丈夫だって。
相河:ちゃんとやっています。
事務長:ちゃんとというのは 毎回 必ず 出席を取るということです!授業の度に(たびに)取るんです!とても重要なことですから、ちゃんとやってください。
いいですね!

野木:そんなに怒って疲れませんか?
事務長:疲れますよ。
野木:大学は社会で うまくやっていけない人たちの集まりなんですから、まともなのは 僕くらいじゃないですか?
事務長:そうは言っても これぐらいのことは やってもらわないと。

野木:いかがでした?アフリカの海洋会議は。
教授:はい そんなことより すごいもの見つけちゃいましたよ。
相河:コプロライドじゃないですか!
事務長:なんですか?
教授:しっかり原形を留めた(とどめる)ふんの化石(かせき)だよ。
相河:きれいです。
事務長:失礼します。
相河:一億年以上の前のものですか?
教授:6500万年くらいじゃないかな?
相河:ギニアに行ったときのことを思い出しました。
教授:エジプトハゲワンね。
相河:はい 黄色い(きいろい)ふんを食べるのか 十日間(とおかかん)ふんを見張り(みはり)続けました。
教授:現れ(あらわれ)たのは エジプトハゲワンじゃなくて…ニシコモヒキガエル
教授:ふんの話はたり切りがない。この続きはランチでもしながら どう?
相河:はい
野木:喜んで。学食でよろしいですか?
教授:はい、じゃ 10分後ね。
相河:僕は弁当 持っていきます。
教授:ええ?山田さんの弁当か?
相河:はい
教授:うまいんだよな。
相河:ああ、これ。
教授:やるよ。
相河:ほんとですか?本当に 僕が もらっていいんですか?コブラアイドよ。
教授:あげた!
相河:ありがとうございます。
野木:山田さんって?山田さんって誰なの?
相河:家政婦の山田さんです。
野木:家政婦が毎朝来て 弁当 作ってくれるの?
相河:一緒に住んています。
野木:住み込みの家政婦?いつから?
相河:20年前です。
野木:お坊ちゃま?(おぼっちゃん)

(家)
山田:入ります。ほ〜ら〜、たまってる。あら。。。

(研究室)
野木:あ〜ら それは残念だね〜。
ねえ これ いつも 持ってるけど何 入ってんの?
相河:触(さわ)らないでください。
教授:行こうか! どうした?
相河:歯が。
教授:はあ?

(クリニック)
A:お願いします。しばらくお待ちください。
B:はい

水本:もうちょっとで終わるからね。痛くないね。上手 上手。 はい 終わりました。
B:はい 頑張れました。
お母さん:おいで 何か もらえるのかな?
B: ほ〜ら シールあるよ。(シーる:3.装饰性贴签,有图案或字的纸条等。)行こっか お疲れ様。
水本:ここに来るとき 直樹君に 痛くないから 大丈夫っておっしゃいました?
お母さん:行きたくないって 渋ったので。
水本:痛くないのは 嘘になってしまいます。信頼関係が崩れて 次回(じかい)もっと拒絶(きょぜつ)することも考えられるので 気をつけてください。
お母さん:はい すみません ありがとうございます。
水本:お大事に。

A:院長
水本:はい
A:鮫島教授のご紹介の患者(かんじゃ) いらっしゃいました。
水本:わかりました。

水本:鮫島教授には 父の代から来ていただいて おつきあいが長いんです。
相河:僕も長いです。大学の時 鮫島先生の 動物心理学の授業う受けたのが 始まります。
水本:そうなんですね では・・・
相河:鮫島先生と岐阜(ぎふ)で鹿の群れを調査したことがあって 森にカメラを付けたんですけど 知ってます?
あれって ただ付ければいいんじゃなくて ほんのちょっと角度が違うだけで 何も映らなくなるんです。
鮫島先生は すぐに その角度がわかって すごいんですよ。
水本:そんなんですか では・・・
相河:それで 森に三日間 寝ないで歩き回って カメラを100個付けたんです それから クマが出たんです クマが出た原因は…
水本:倒しますね。
相河:クマが出だ原因は 僕は歯を磨いたせいで 歯磨き粉の人工的なにおいを数百メートル先にいたクマが嗅(か)ぎつけて それでクマが…
水本:お口 開けでください。 これですね。痛いですよね。
 かなり前から 痛かったんじゃないですか?
相河:はい
水本:どのくらい前ですか?
相河:8月5日です。
水本:随分(ずいぶん)と明確(めいかく)ですね。
相河:和歌山(わかやま)の河川敷(かせんじき)で調査をしていたら。数千羽ものツバメが集まってきた日です。
 ツバメはあそこで力を蓄えて そこから 東南アジアに飛んでいくんです。

水本:虫歯(むしば)の治療ですが……
相河:虫歯ですか?
水本:はい
相河:本当に虫歯ですか?
水本:はい
相河:そんなはずありません。
水本:歯 痛いんですよね?
相河:歯は子供の頃から しっかり磨いてきました。
水本:しっかり
相河:はい
水本:エナメル質(しつ)がすり減っているのは 歯ブラスの圧(あつ)が強すぎたのかもしれませんね。
相河:それで虫歯になったんですか?
水本:いえ それと虫歯は関係ありません。 虫歯の治療ですが ええ〜 歯を抜いて インプラント または…
相河:抜くんですか?
水本:はい
相河:治せないですか?
水本:歯を残すのは難しいですね。
相河:わかりました。じゃあ 治せる先生を探します。
水本:えっ
相河:先生は治せないんですよね?
水本:いや あの 私は治せないのではなく どの先生も治せません。 X線に根(こん)分岐部病変が映っていますので 虫歯は深く 進行しています。もっと 初期にいらしていただけたら 保存治療もできたかもしれませんが この状態で 歯を残すのは 不可能かと思われます。 何がご質問は?
相河:帰ります。
水本:えっ?

(家)
山田:おいしそう
相河:ただいま
山田:お帰りなさい。きのこ(1.蘑菇,菌,蕈。)とサマンの炊き込みご飯 すっごくおいしく出来ました。もう 絶品(ぜっぴん)です。
ああ ピリ辛きゅうりも作りましたよ。
相河:いらないです。
山田:晩ご飯 食べないんですか?私 一人で 頂きますから。 美味しい。
相河:山田さん、僕の部屋に入りましたね。
山田:お弁当を忘れてあったら それを取りに入っただけです。
相河:弁当 どうしたんですか。
山田:おいしく頂きました。
相河:そっか。あれ?えっ それ おかしいですようね。部屋に入らなかったら 弁当忘れたかどうかなんてわからないですよね。
山田:こめだけ捨てようと思ったんです。
相河:僕が自分でやるって言ったはずです。
山田:たまってたじゃないですか。
相河:僕が良ければ それでいいんです。ほっといてくだ…
山田:歯ですか?
相河:山田さんのせいです。
山田:あ?
相河:歯を抜かなきゃいけないって言われました。
山田:誰にです?
相河:歯医者にです。
山田:歯医者 行ったんですか?
相河:すぐに行かなかったのは 山田さんのせいです。
山田:はい?
相河:僕のこと先送りにするのが得意って言いましたよね。
山田:はい
相河:一回だけじゃないですよ。昔から何度も何度も。誰だって得意技を持ってたら すぐに 使いたくなるじゃないですか だから 僕は先送りにするっていう得意技を使ったんです。山田さんが得意だなんて言わなければ こんなことには ならなかったんです。
笑ってごまかさないでください。
山田:ごまかしてるのは一輝(かずき)さんです。人のせいにして ごまかさないでください。

山田:はい これなら 食べられますよね。
相河:いただきます。

相河:おやすみ ジョージ

(都市文化大学)
相河:出席カードを配り(くばり)ます、前回と前々回の分も書いて出してください。余ったら前に持ってください。

(クリニック)
水本:もしもし
相河:もしもし 相河です。こんにちは。
水本:こんにちは どうされました?
相河:今日 診てもらえますか?
水本:え〜っと ご予約でいっぱいですが 緊急ということでしたら もちろん対応(たいおう)されていただきます。
相河:緊急です。
水本:では 4時15分 いかがでしょうか?
相河:四時十五分
水本:ご予約の患者様の合間を縫う(ぬう)ので 時間厳守(げんしゅ)でお願いできますか?
相河:はい わかりました。
水本:では 4時15分 お待ちしております。
相河:4時15分 ありがとうございます。

A&B:戻りました。
水本:4時15分 相河さんの予約入りましたから。
A&B: はい

(都市文化大学ー研究室)
事務長:樫(かし)野木准教授 これに……
事務長:相河先生 出席カード 全部 色が同じじゃないですか!
相河:ダメでしたっけ?
事務長:ダメですよ。学生が出席をごまかさないように 授業ごとに色を変えてくださいって言いましたよね!ねっ それから!
鮫島:相河先生
相河:はい
事務長:いいですね!相河先生!いいですね!
鮫島:大変そうだね。
相河:熊野事務長には 怒られてばかりです。
鮫島:怒るのが仕事だから。座って。
相河:どうして 僕を先生にしたんですか?そのうち わかるって言われましたが 全然わかりません。
鮫島:まだ半年だからね。
相河:授業中も寝ている学生がいます。
鮫島:そのうち 起きるでしょ。順調だよ 相河先生。
相河:先生って呼ばれるのも いまだに慣れません。
鮫島:俺なんて教授だよ。学部長だよ 全然慣れないよ。どうした?
相河:鮫島先生のことも鮫島教授って呼んだほうがいいですか?
鮫島:呼ばなくていいよ。一輝の好きなようにすればいい。
相河:職場では 相河先生で お願いします。
鮫島:さすが 相河先生だ。

樫野木:鮫島教授 何だって?
相河:ああ あった!

(クリニック)
水本:相河さんは?
A: まだ いらっしゃってません
水本:連絡は?
A: ありません

B: 最後の患者さんの後になりますけど どうされますか?
相河:お願いします。
B: じゃあ お待ちになってください。
相河:ありがとうございます

相河:カメに歯はありませんよ。絶滅したカメには歯があったかもしれない という説がありますが 現在 存在しているカメに 歯はありません。
光一:ほんと?
相河:ほんと
光一:うさぎは歯 あるよね。
相河:ウサギには歯が28本あります。前歯と奥歯は 一日0.5mm くらいずつ伸びて 一生伸び続けるので 硬い餌や かぶりつき用の木で 歯を一生懸命 すり減らします。
光一:へ。。。
相河:『イソップ』ですか?
光一:そう
相河:きれいな絵です。今にも動き出しそうです。
光一:このカメには謎(なぞ)がある。
相河:謎?
光一:そうだ。
相河:どんな謎だ?
光一:カメは寝ているウサギに声をかけなかった。倒れているかもしれないってそうして思わなかったのか。
相河:なるほと それは大きな謎だな。

お母さん:もう終わった?
光一:ここで待っててね。ありがとうございました。
A: じゃあ 今日は2920円なります。
光一:謎を解き明かせ。
相河:了解
A: ちょうどお預かり(あずかり)ます。
お母さん:帰るよ。

水本:ええ 相河さんが?
A: はい 痛いみたいで 待つっておっしゃったので
水本:わかりました。
A: はい そういえば 院長 今日料理教室の予約したんですよね すいません
水本:いいの いいの キャンセルできるから
A: せっかく料理教室 入会したのに 全然 行けてないんじゃないですか?
水本:患者さん 優先
A: ですよね。さすが 院長 
水本:今 キャンセルしちゃうから そうしたら 相河さん 呼んでください。
A: はい そしたら 私 上がっていいですか?
水本:はい?
A: 約束があるんです。簡単には キャンセル出来ない 約束なんですよ。
水本:わかりました お疲れ様。
A: ありがとうございます

相河:こんにちは
水本:こんにちは どうぞ。
相河:4時15分に来られなくて すいません
水本:来られないときは 連絡していただけると助かります。
相河:すいません 忘れていたので。
水本:それは斬新(ざんしん)ですね。 初めてです 当日予約して忘れる患者さん。
相河:ええ そうなんですね。
水本:約束どおり来ていただいたら こっちは 何日も前から 予約していたものは キャンセルせずに 済んだんですけどね。
こっちの話なんて 気にしないでください。
相河:この前 屋久島(やくしま)で拾った ニホンザルの骨から 年齢と性別 調べようと思って 骨格(こっかく)組んでたら 犬歯(けんし)がどっかに行ってしまったんです。
水本:背中 倒します。
相河:犬歯が なかなか 見つからないかったですけど でも 机の下にあって それで ようやく修復することができました。
水本:お口 開けでください。
相河:はい
水本:では 次回 抜歯(ばっし)しましょう。
相河:ほんとに 抜かないといけませんか?
水本:はい いつにしましょうか?
相河:水曜日がいいです。
水本:水曜日は お休みで 月 火 木 金となります。
相河:月 火 木 金 
水本:はい
相河:週休3日なんですね。
水本:いえ 水曜と土曜は 別のクリニックに 勤務していますので。 ここでは やっていない矯正(きょうせい)や審美(しんび)をやっているんですよ。
相河:ほんとに 抜かないといけませんか?
水本:いけません。

(家)
山田:これね 行列(ぎょうれつ)が出来る お豆腐屋(とうふや)さんの高級なお豆腐なんです。大河原(おおがわら)さんがね一時間並んで買ったら どうぞっていうもんですから ありがたく 受け取ったら 大河原さん なんて言ったと思います? 500円でいいわよ 消費税は おまけしとくって。頼んでもいないのに買ってきて 500円 請求されて もう… 払いましたよ そりゃ払いましたよ。 だって おう 豆腐 受け取っちゃいましたからね。 もう 好きですし。 でも 何か もやもやしやって どう思います。
相河:話しかけないでください。 今 気持ちの整理をつけてるんですから。
山田:歯を抜くことですか?
相河:いちいち言わないでください。
山田:冷ややっこと湯豆腐どっちにします?
相河:だから 話しかけないでください。
山田:500円のお豆腐ですよ?

(クリニック)
編集:先生 実は私 雑誌の編集してるんです。
水本:時々 読んでますよ この雑誌。
編集:ありがとうございます それで 輝く(かがやく)女性の特集を組むので 是非 先生を取材(しゅざい)させていただきませんか?
水本:えっ?

(ショップ)
店員:とってもお似合いですよ。こちらもお似合いでしたけれど 私は そちらのほうが好きですね。
水本:そうですよね。
店員:お値段は ちょっとお高くなりますけど。
水本:これにします。お仕事頑張ってるから 自分へのご褒美(ほうび)です。
店員:はい
水本:きれい〜
店員:その輝きを存分(ぞんぶん)に楽しみくださいませ。

(教室)
相河:前回の課題(かだい) シマウマは どうして こんなに きれいな 白黒(しろくろ)のしまになっている と思いますか?
これを一人ずつ発表(はっぴょう)してもらいます。
学生:発表?急にそんなこと言われでも。まだ やってません。
青山:もう少し 調べる時間 欲しいです。
相河:調べなくて大丈夫です。
青山:え〜 全然わかりません。
相河:外から知識(ちしき)を持ってくる必要はありません。今 あなたの中にあるもので 考えればいいだけです。
皆さんが考えていることを 皆さんの言葉で知りたいです。
では 発表してくれる人?

(クリニック)
A: この雑誌に出るなんて すごいじゃないですか〜。
水本:うまく答えられるかな。
B: だから 雑誌見て 研究してるんですね。
A: メークも しっかりしたいですよね。
B: 輝く女性特集ですから〜
水本:もう やめてください 緊張しますから。
A: すごい

(教室)
相河:発表する人がいないので グループに分かれて 発表してもらいます。
Aグループは 尾崎さん 青山さん 須田(すだ)さん 新庄(しんじょう)さん。
Bグループは…

須田:何かある?
青山:ない
須田:何 何 何
新庄:今日 バイト入ってくれって。
須田:行くの?
新庄:どうせ暇だし。
青山:バイト 何してんの?
新庄:カテキョ
青山:は〜?
新庄:そんなわけじゃないだろ。 僕らの大学に家庭教師頼むやつがいるか?
青山:びっくりした。ねえ。。。

相河:どうですか?では 別の課題を話し合ってもらいます。「イソップ物語」の「ウサギとカメ」です。
新庄:はっ?
相河:カメとウサギが競争(きょうそう)します。ウサギがゴールの途中(とちゅう)で寝ます。カメはウサギに追いつきますが ウサギに 声をかけようとしませんでした。もしかしたら ウサギ 倒れてるかもしれないですよね。 なのに どうして カメは ウサギに声をかけなかったのでしょうか。これを話し合ってもらいます。
新庄:なんだそれ?
須田:意味不明(いみふめい)
青山:何かウケる。
相河:話が盛り上がってきたところで 本題のシマウマのことを 話し合ってください。
新庄:どうやって盛り上がるの?
須田:無理
青山:やっぱウケる。
相河:シマウマの課題は 次の授業で 発表してもらいますので 目いっぱい話し合ってください 楽しみです。

光一:お母さん 聞いて。 僕 思いついたんだけど 亀がどうして ウサギに声をかけなかったか。何でかっていうとね…ねえ、お母さん 聞いてる?
お母さん:そんな くだらないことを言ってないで宿題出しなさい。今すぐ出しなさい。

(森)
相河:おじいちゃん おなかすいた。
お爺ちゃん:うん

(クリニック)
水本:審美(しんび)歯科(しか)の技術を習得(しゅうとく)するために国内のクリニックだけでなく アメリカのニューヨーク大学に留学していろいろな場で技術を学び(まなび)ました。それから 父から引き継い(ひきつい)だクリニークのために 経営学も学びました。 
歯は全身(ぜんしん)の健康にも 関わるので とっても大切です。 
患者さんの健康になったり 審美の技術で きれいになって 喜んでくださることが 私の一番の喜びです。

(森)
相河:今 ピリ辛きゅうりにハマってるんだよ。
お爺ちゃん:そうか。
相河:でも 歯が抜かなくちゃいけなくて 大変でさ。
お爺ちゃん:良かったな
相河:僕の話 ちゃんと聞いてる?
お爺ちゃん:歯のありがたみ わかったろ。

(レストラン)
水本:ごめん 取材 長引いちゃった。
水本:これ?いいでしょ。取材もあったし 買っちゃった。
彼氏:似合うよ。
水本:ありがとう。お腹すいた すぐそこだから。
彼氏:ここ?
水本:一度 来てみたかったんだ。
彼氏:高そう?俺 給料日前だしさ。
水本:大丈夫 私 あるから。

店員:お待たせしました お飲み物 こちらです。
水本:う〜ん シャンパンがいいな〜 これでいい?
彼氏:俺は… ビール。
水本:えっ 私だけ? もしかして 遠慮してる?
彼氏:いや そういうわけじゃないけど。
水本:せっかく来たんだし たまには贅沢しよ。
水本:これ グラスで二つ お願いします。
店員:かしこまりました。 こちら お料理のメニューでございます。
水本:は〜い 料理は〜いや〜 よくわかんないから。 コースでいいよね。 これ 2つ お願いします。
店員:メイン どちらになさいますか?
水本:私 ヒレで。
水本:銀座のクリニークみたいに 本当は 自費治療だけしていたいんだけど うちは経営のことも 考えなきゃいけないから 保険診療(ほけんしんりょう)もやらなきゃいけないでしょ。 私は 経営は向いてないみたいで。週4日(よっか)の うちのクリニークより 週2日(ふつか)勤務の銀座のクリニークのほうが ずっと報酬(ほうしゅう)がいいんだよね。うちは 保険診療メインでやってるから しかたないんだけどさ。 報酬が少ないっていっても 歯科医にしてはって話だしね。
彼氏:じゃあ いっそのこと 銀座のクリニークだけにしたら?
水本:それは 絶対できない。 親から引き継いだ クリニークだよ? いろんな思いや 地元の患者さん 引き継いでんだから 手放せるわけないじゃない。
彼氏:ごめん
店員:失礼いたします。
水本:はい
店員:こちら サインをお願いいたします。
水本:ありがとうございます
店員:ありがとうございます
彼氏:こちそう様
水本:あそこ 当たりだったね。来て良かった。久々に おいしいもの食べだ。
彼氏:悪かったな。
水本:えっ?
彼氏:いつも安い店ばっかで。
水本:安いとか高いなんて関係ないよ。安くったって おいしい店 いっぱいあるじゃない。
彼氏:俺は 経営のこととか よくわかんないし。
水本:何の話?
水本:怒ってるの?
彼氏:怒ってないよ。
水本:怒ってるじゃない。ちょっと待って 私 何かした?
彼氏:何も
水本:だったら 何?せっかく おいしいもの食べなのに。
彼氏:もう うんざりだよ。 育実(いくみ)は俺のこと 下に見てんだろ?
水本:何で そういうことになるのよ。
彼氏:そうだからだよ。
水本:ちょっと待ってよ。

(家)
山田:今日は 歯医者の日ですよね?
相河:わかってますから。
山田:いや 一応(いちおう)忘れないようにと思って。時間は…
相河:スマホにアラームかけました。
山田:それなら 安心ですね。
相河:ごちそうさまでした。
山田:ああああ
相河:わかってますから。

(教室)
相河:では 最後に シマウマは なぜ きれい白黒のしまなのか 代表の人に発表してもらいます。
尾崎:やっぱり青山さんが…
青山:ほとんど尾崎さんの考えじゃん。 わかった いいよ。
尾崎:ありがとう。

学生A:白黒のしまは 寄生虫(きせいちゅう)などから身を守る 虫除けの効果(こうか)があると思います。もし 蚊(か)やアブなどの血(ち)を吸う虫たちが 白が好きな虫と黒が好きな虫に 分かれるとするじゃないですか そうして その黒好きな虫と白好きな虫が 天敵(てんてき)同士(どうし)だったら わざわざ 隣り合って 血を吸ったりしないので シマウマに寄り付かなくなって 結果。。。

学生B: 赤道(せきどう)直下(ちょっか)のサバンナは暑いので 吸収する黒と反射する白で 体温調節をしていると思います。例えば 暑すぎるときは白の毛(け)を立てて面積(めんせき)を増(ふ)やして涼(すず)しく 逆に寒い時には 黒の毛を立てて 熱を吸収するとか 体温管理は動物の本能だと 聞いたことがあります。 これも例えばですけど もし白と赤だった場合……

学生C:白黒の模様(もよう)で群れて動く(うごく)とライオンやハイエナの目がちかちかして シマウマが何頭(なんとう)いるのかわからなくなって 弱いシマウマ わからなくなって つまり ライオンたちを混乱させるために 白黒な訳で まあ 弱い者の知恵っていうか。

青山:白黒のしまは ユニホームのようなものだと思います。シマウマは横に目が付いてて横の視界が広いから一瞬で仲間(なかま)と敵を判断するため。え〜と それと 白黒のしまは チームシマウマのユニホームだけど シマウマの種類によって 微妙に模様が違ってます。 え〜っと 仲間同士を見分けるのに 役立ってて 特に逃げるとき? ものすごい視野(しや)が狭い前を見て逃げるんだけど お尻の模様を見て 仲間についていきます。 以上です。

相河:皆さん とても面白かったです。今日は ここまでです。 終わります。
新庄:結局(けっきょく)正解は何だったんですか?
相河:正解?
須田:はい
相河:わかりません
新庄:わかんねえなら やらせるなよ。何のために こんな めんどくせぇことやらされてんだよ。
須田:知らねえ。

樫野木:相河先生 困ったもんですね。僕から 注意しておきます。
鮫島:順調だね。さすが 相河先生。

(クリニーク)
A: それ いいじゃない?彼氏にもらったの?
B: はい ずっと欲しくて。 本当は 自分で買おうと思えば 買えましたよ。 彼 学生でお金ないし。 でも こういう特別なものは 絶対彼に 買ってもらうんです。
私が お姫様(ひめさま)気分になれるじゃないですか。そうすると 彼も 王子様(おおじさま)気分になれるんです。 彼に気 遣って 自分で買うと 彼 逆に 卑屈(ひくつ)になっちゃいますから。

水本:すみません 患者さんたちに 定期検診(ていきけんしん)の案内出しておいてもらえますか?
B:はい これ全部ですか?
水本:はい 定期検診に 来てくれる人を増やして リピート率 上げたいんで。
A: それって どうなんですか?今まで リピーター増えたことないですよね?
水本:だったら 増えるように考えてみてください。
A: 私がですか?
リピート率が増えるかどうかは歯科衛生士(えいせいし)しだいだってことぐらい わかりませんか?

相河:こんにちは
水本:何でいるんですか?
相河:時間に遅れないように。 スマホを忘れて。
水本:お約束は2時ですよね?
相河:はい
水本:まだ 1時15分です。しかも 昼休憩(きゅうけ)中です。常識ってものがないんですか?時間を守ることは 人として 最低限やるべきことですよね。
もし どうしても守れないなら 連絡を入れる。 どうして そんな 簡単なことが できないんですか? 何で黙ってるんですか? 私 間違ってます?
相河:帰ります。
水本:間違ってませんよね?

(公園)
光一:お〜い、カメの謎が解けたぞ。….. だから カメはウサギに声をかけなかったんだよ。
相河:すごい 僕も同じこと考えてた。
光一:ほんと?
相河:ほんと
光一:yes!
水本:先ほどは たいへん 申し訳ありませんでした。

(クリニーク)
水本:ガーゼ 入れますね。
相河:はい
水本:はい 噛んでください。
相河:はい
水本:はい 終わりました。 しばらく 噛んでてください 起こします。
相河:抜いた歯を下さい。
水本:はい
相河:抜いた歯を下さい。

B: 相河さんを わざわざ 呼びに行くと思わなかった。でも 患者さんに 良くない印象 与えちゃったしね。
A: 自分のイメージ 書き換えようとしてるってことですか?

水本:どうぞ。
相河:ありがとうございます
水本:虹一君とは お知り合いなんですか?
相河:コウイチ君?
水本:さっき一緒にいた。
相河:この前 ここで知り合いました。
水本:随分 楽しそうにしてましたね。
相河:はい 盛り上がりました ウサギとカメの話。
水本:『イソップ』ですか?
相河:はい
水本:どんなふうに 盛り上がったんですか? あの 相河さん?
相河:先生は ウサギっぽいですね。
水本:私?
相河:はい、帰っていいですか?
水本:はい。あの こう見えて ウサギじゃないんですよ 私 意外と努力型?器用(きよう)じゃないけど こつこつ頑張るタイプで どっちかって言うとかカメですね。
相河:こつこつ頑張るのが カメなんですか?
水本:ええ。 そうですよね?
相河:物語の解釈(かいしゃく)は自由ですから。
水本:相河さんのカメは どういう解釈なんですか?
相河:カメは全然 頑張っていません。競争にも勝ち負けにも 興味がないんです。カメは ただ 道を前に進むこと自体が楽しいんです。想像してみてください。地面(じめん)をはいつくばって前に進む カメにしか見えない世界 地面から 数cmの世界 その素晴らしい世界を楽しむためだけに カメは ただ 前に進むんです。カメの世界に もはや ウサギの存在はなく 寝ているウサギに 声をかけなかったのも そのためです。帰ります。
水本:じゃあ ウサギは? ウサギは どういう解釈ですか? 能力があるのに 油断(ゆだん)して負ける、違いますか?
相河:ウサギは カメを見下す(みくだす)ため走るんです。
水本:見下す?
相河:はい、自分は すごいって証明(しょうめい)したいんです。帰ります。
水本:私は どこがウサギなんですか? 何なの?

もはや:1.已经,早就

こつこつ:1.踏实,孜孜不倦,埋头。不事声张,实实在在地从事工作。(地味ではあるが着実に物事を行うさま。)
書き換え:1.另写,重新写,改写。(書きなおし。)2.转期;更换,重发;过户。(証書などの記載事項を新しい事態に即応させるように書き改めること。)
わざわざ:1.故意地。2.特意。
ガーゼ:1.【德】 Gaze ;纱布,药布。
リピート:1.【英】repeat ;重演,重播。(繰り返すこと。反復)
卑屈(ひくつ):1.卑屈,卑躬屈膝,低三下四。(必要以上に自分を卑しめて、他にへつらうこと。)

ありがたみ:1.恩惠。有感谢之意。(ありがたいと思って、それに感謝する気持ち。)
有り難み(ありがたみ):1.恩惠;值得珍惜
長引く(ながびく):1.拖长,拖延。
贅沢(ぜいたく):3.实现了所能期望的最好状态,在此之上多做要求是贪得无厌了。奢侈。(望み得る最高の状態が実現され、それ以上を期待することは欲が深過ぎるととらえられること。また、その様子。)

いっそのこと:1.[副] むしろ。思い切って。いっそ。 不如索性……
手放し(てばなし):1.感情外露,尽情,无所顾忌,露骨。2.撒开手,放手

サバンナ:1.热带稀树草原。

ピリ辛(ピリから):1.超辣。辛辣,特别辣,辣得刺激。
きゅうり:1.黄瓜
先送り:1.往后拖,推后。不在某时点判断或处理,而拖延到以后。(スル物事の処理・解決などを、先に延ばすこと。)
住み込み:1.住宿佣工。(雇われて、主人の家や勤め先に寝泊まりすること。)
渋る(しぶる):1.不肯。不痛快。不爽快。不情愿。(いやがる。ためらう。心が進まない。)
鮫島(さめしま)
河川敷(かせんじき):1.河槽用地,河岸的用地,夹在堤防间的区域。由洪水泛滥地和低水位地组成。
エナメル質(しつ):1.牙釉质
炊き込み:.把鱼丄肉丄蔬菜搀在米里煮
ほっとく:.置之不理『成』,放下不作,丢开不管。(そのままにしておく。)
ごまかす:1.蒙骗,糊弄;敷衍,搪塞。
すり減(へ)らす:1.使磨损,使磨薄。2.劳神,憔悴疲惫,因过度劳累而虚弱。
齧り付く(かぶりつく):1.咬住;用力地咬。(くいつく。かみつく。)
預かり:1.【】 ;收存,保管(金品や人を預かること)。
2.存条,存单(預かった証拠に渡す書き付け。預かり証)。
3.未解决;保留。
4.保管看家(人の世話や家などの管理を委任されている人)
ちょうど:
1.正好,恰好。
2.宛如,好像,恰似。
3.正,整。完全一致

せっかく:1.煞费苦心,特意。2.好不容易,难得。

ちゃう:
1.てしまう的缩略语。口语用法。
2.完了,表示动作过程的结束。做完了某事。到了某种状态。(物事の完了。)
3.用于感慨。表示后悔、遗憾等心情。(後悔・残念(遺憾)の気持ち。)

済む(すむ)
1.(事情)结束,完结,完了。
2.(借款)偿还,还清。
3.满足,满意,放心,安心。
4.解决,对付。

ずに:不……,没……。(…ないで)。

ご飯を食べずに学校へ行った。
没吃饭就去学校。
どこにも行かずに家にいた。
哪都没去就待在家里。

ようやく:
1.终于,好不容易。期望,盼望很久才实现。
2.勉强,好容易,总算。
3.渐渐,逐渐。
4.同:漸く。

おまけ:1.(作为赠品)另外奉送,白送给(的东西);附带(的东西);减价。

もやもや:1.隔阂,疙瘩。(ごたごた。)

いちいち:1.一一,逐一,一个个(人);全部,全都,一切。

ハマる:1.俗语。对……着迷。(夢中になること。~にハマる )

~っけ

前接短语,多接断定助动词「だ」和过去助动词「た」后。用于自己记忆不清而表示确认时。也可以用于自言自语的确认时。是比较随和的口语形式。其礼貌用语是:「~でしたっけ」、「~ましたっけ」、「~んでしたっけ」,但没有「~かったですっけ」的形式。中文意为:是不是……来着。

1、あの人、鈴木さんだ(った)っけ?/那个人是不是叫铃木来着?

2、この前の日曜日、寒かったっけ?/上个礼拜天是不是很冷来着?

3、もう手紙出したっけ?/信已经发出了吧。

4、明日田中さんも来るんだっけ?/明天,田中是不是也说要来来着?

5、しまった!今日は宿題を提出する日じゃなかったっけ。/坏了,今天是不是该交作业了吧。

发表评论