N2文法②

に限り

意味:「〜だけ」の硬い表現

接続:名詞+に限り

例文:
①:本日ご来店のお客様に限り500引きに致します。
②:猫と犬に限り飼育(しいく)が認められているマンションだ。
③:学生に限り、無料で入室できます。
④:今晩ご来場(らいじょう)いただい皆様に限り、限定版(げんていばん)DVDを差し上げます。

に限って

意味:「〜だけ」の硬い表現

接続:名詞+に限って

例文:
①:今日に限って天気が悪いて拗ね。運が悪い。
②:あの服屋さんは私が行かないときに限ってセールをする。
③:急いでいる時に限って道が混んでいる。
④:以前から祭りの日に限って雨でしたが、今年は晴れとこともあり、大変盛り上がりしました。

に限って〜ない

意味:「〜だけ」の硬い表現

〜に限って+ない → 「〜だけは〜しないはずだ」後に「信じられない、わかがない、はずかない」なのの表現が来る

接続:名詞+に限って〜ない

例文:
①:物を盗むなんて、彼に限って、そんなことは100%ありえないと思う。
②:うちの子に限って、万引きなんてするわけがない!信じられない。
③:彼女に限って浮気なんて出来るはずがない。
④:今日に限って皆さんが来ないはずがないと思いました。

万引(まんび)き:1.扒窃商店物品。偷东西。顺手牵羊。(買い物をするふりをして、店頭の商品を掠め取ること。)

发表评论