N2文法⑤

〜によって、〜により

意味:理由の「で」を意味する「で」の硬い表現、方法の「で」を意味する「で」の硬い表現、
接続:名詞+によって、〜により
例文:
①:雪の影響によって、飛行機が遅れている。(理由)
②:事故によって大勢の人がけがをしました。(理由)
③:日本語の森で働きたい方、メールによる応募(おうぼ)もOK!(方法)
④:早く寝ることにより、疲れをしっかり取る。(方法)

〜につき

意味:「〜だから(〜になった)」の硬い表現、変更などを知らせる時に使う、書き言葉で掲示板(けいじばん)やポスターの等(とう)の告示
接続:名詞+につき
例文:
①:初めてのお客様につき半額とさせていただきます。
②:交通機関の遅延(ちえん)につき、テストの開始時刻を遅らせます。
③:この本は特別割引価格(かかく)につき、払い戻しはできません。
④:優勝につき、MVPを受賞した、田中選手に対するインタビュー記事。

〜につけ

意味:「〜するたびに」の硬い表現、よく、気分を表す単語を一緒に使う、「何かにつけ」→「何かがある度に」という意味、「〜につき〜につき」→「〜時も〜時も」という意味
接続:辞書形・名詞+につけ
例文:
①:沖縄の旅行話(りょこうばなし)を聞くにつけ、本当に一度行ってみたいと思う。
②:雨につけ晴れにつけ、どちらにせよ大変だ。
③:あの優勝したときのことを思い出すにつけ、「サッカーやって良かった」と思う。
④:母は、何かつけ、「早く恋人を作ったほうがいい」と言う。

发表评论