N2文法⑧

〜よがない

意味:「〜できない」の硬い表現、「方法」や「手段」がなくて「できない」という意味
接続:「マス」形+よがない
例文:
①:私の母の手料理は文句のつけよがないほど美味しい。
②:彼女の笑顔はもう天使としか言いよがないほど可愛い。
③:給料が2倍に上がってもう最高としか言いよがないほどうれしいです。
④:電話番号を知らないので連絡しよがないですね。

〜どころではない

意味:「今は忙しすぎて〜できない」「する場合ではない」
接続:名詞・辞書形+どころではない
例文:
①:受験勉強が忙しくてお正月休みどころではない。
②:お金がなさ過ぎて遊びに行くどころではない。
③:漫画が面白過ぎて、もうテスト勉強どころじゃない。
④:本当はオレオレ詐欺(さぎ①)でしたが、もうその時は疑うどころではなかったんです。

〜末に

意味:「〜した結果」の硬い表現、「長い期間」〜した後や「何回」も〜した結果
接続:名詞の・動詞た形+末に
例文:
①:何回もの実験の末に、納得のいくデータを手に入れた。
②:長期間にわたる議論の末に、結論(けつろん)を出しました。
③:いろいろ悩んだ末、留学することにしました。
④:あの子は長い就職(しゅうしょく)活動の末、最近ようやく採用されたのです。

ようやく:1.终于,好不容易。期望,盼望很久才实现。2.勉强,好容易,总算。3.渐渐,逐渐。4.同:漸く。

〜あげく(挙句)

意味:「〜した結果」の硬い表現、悪い結果が来る
接続:名詞の・動詞た形+あげく
例文:
①:散々(さんざん)迷ったあげく、結局何も買わなかった、時間がもったいない(3.可惜的,浪费的,糟蹋掉的)。
②:議論のあげく、結局何も決まらなかった。
③:今日は学校に遅刻したあげく、宿題を家に忘れてしまった。
④:散々悩んだあげく、結局何も食べられませんでした。

〜ところだった

意味:「(もう少し)〜する直前だった」、もう少しで〜する直前だったが、結局しなかった。
接続:動詞辞書形/ない形+ところだった
例文:
①:危(あや)うく交通事故起こすところだった。
②:え?宿題、明日までだったの?完全に忘れるところだった。ありがとう。
③:あの店員さん話がうま過ぎて、もう少し買うところだった。危ない、危ない。
④:空港に着いた時間が遅過ぎて、飛行機に乗れないところだった。

〜ずじまい

意味:「〜できなかった」「したかったのにできなかった」、つまり「やりたかったのにやらないで終わり」
接続:動詞ない形+ずじまい
例文:
①:何回も謝ったけど、結局父には許してもらえずじまいだった。
②:彼女とは仲直りできずじまいで卒業してしまった。
③:彼女には一回も会えずじまいで、悲しい思いをしました。
④:せっかく大阪に来たのに、たこ焼きを食べずじまいで、帰ることになってしまいました。

发表评论